暮らしの中の 「う・ふ・ふ・」な出来事と手仕事。


by akicocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

阿蘇へ~1~

今年も阿蘇へ遊びに行きました。
毎年訪れる大好きな景色。
f0070275_911973.jpg

雄大にそびえたつ山々、裾野に広がる美しい緑、キレイな水を産む河の流れ。
う~~~~~~んと思いっきり深呼吸します。

残念ながら、曇り空。でも、やっぱり来る価値ある場所なのです。
昨年は「カドリードミニオン(あの有名な天才サル パンくんとシェームズのいるところ)」や、猿回し劇場で遊びすぎ、阿蘇山に上る時間がなかったので、車のシートをフラットにし、車中泊。しかし、今年は子供たちも一回り大きくなったし、車で寝ると疲れがとれないって事で可愛いペンションを予約。宿の心配はなくなったんだけど、実は前日さる吉が熱を出したのです。あまり、熱を出さないうちの子供たち、熱を出すとかわいそうで・・・実家に帰ると連日のようにでかける私達。この日も博多へ遊びに行っていたのです。家に帰ると「寒い・・・」と言い出した!熱を測ると8度もある!とりあえず“ひえピタ”貼って寝かせました。朝には少し下がったものの平熱とは言い難い・・・変なウイルスたくさん流行ってるし、一応病院へ。「ま、軽い夏風邪でしょう。お薬も必要ないでしょう」とのことで安心^^
先生が大丈夫!っていうのを聞いて、すっかり元気になったさる吉。まあ、ゆっくり出かけましょう!と一路阿蘇へ。

体温計を常に持ち、何度も熱を測るさる吉。「ママ、ちょっと下がってきた」「わあ、もっと下がったよ」と後ろで「自分は大丈夫!」をアピールするさる吉。そりゃあ、阿蘇は遊ぶところいっぱいあるもんね^^遊びたいよね^^
とりあえず、昨年は動物一色だったので(私は苦手です^^;)今年は違うコースをって事で、前から行ってみたかった「高森水源トンネル」へ行きました。
f0070275_9172130.jpgこの河のほとりを100mほど歩いたところに、湧き水のあるトンネルが出現します。
トンネルが近づくにつれ、冷気がサアーーと吹き付けてきました・・・

f0070275_9183965.jpg


中はこんな感じです。真っ暗なのですが、地元の方々手作りのちょうちんが飾ってあり、その光を元に奥へ進みます。全長550mほどなのですが、中は冷房以上に冷たいので、常に鳥肌状態で進まなければならず、おまけに真っ暗、声は響くで子供たちはすっかりおびえてました^^;
最後には、「ウォーターパール」という小さな滝がありました。
f0070275_9415828.jpg
目の錯覚で、水に光をあてると、本当にパールがキラキラ光ながら落ちていくようにみえます。うわあ!キレイ・・・
でも・・・・やはり写真だと普通の水の流れにみえますね^^;

30分ほどトンネルの中にいたでしょうか・・・外に出ると、暖かさが体に戻ってきて気持ちいい~。病み上がりのさる吉をこんな冷気にさらしてよかったのか??と不安に駆られましたが、本人はすっかり元気で外に出るなり、トンボを追っかけまわしてました^^;
f0070275_9472146.jpg
人差し指を上にかざし、トンボが止まってくれるのを待つ二人。結局きてくれなかったねえ^^


そろそろ、お腹もすいてきたし、宿に向かいましょうか・・・
[PR]
by akicocco | 2006-08-15 09:51 | 日々つれづれ